読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわくBlog

どん底からむりやり前向きになるBlog

笑顔

カメラを向けられて笑顔になれる人とわたしのようにこわばってしまう人の差は、自己肯定感の高さが関係していると思う。

 

カメラが苦手で、なぜ面白いこともないのに笑わなければならないのかと思ってしまうし、考え方が暗くて捻くれているのだよね。

 

素直ににっこりできたほうがいいんだろうな。

いつかできるようになりたいな。

素敵だもん。

音楽

なくても生きていけるのかもしれない。

ここ最近は人間の三大欲求のことばかり頭にあった。その欲望に沿って行動していた。それでいいと思っていた。

 

でも、三大欲求を満たしていたはずの私は、何か満たされず落ち込んでいた。

何が満たされていないのかすらわからなかった。

本も読まず、音楽も聞かなかった私の心はしぼんでいたのだ。

 

久しぶりにくるりの20回転を聴いた。

美しくて、優しくて、格好良くて泣いた。

毎日頭でっかちで美しいものに触れることを忘れていたのだ。

一番求めていたのはこんなふうに心の奥底が満たされることだったのだ。

わたしにとって音楽は、芸術は、人として生きていくために必要だった。

なぜ忘れてしまったのだろう。

思い出せただけ良かったかもしれない。

 

NOW and 弦サイコーだったな。

あの瞬間にいられたんだよ。

まだ頑張れるよ。

 

 

 

酷かった

ここに書けないほどに承認欲求が満たされずに色々生産性のない、時間を浪費し虚しくなる行動ばかり行っていた。

 

そしてまた自己嫌悪に陥るというループだった。

今はまだ人に誘われれば出向くことができるのでましだ。

 

体の不調から心も不調に陥った。心身ともに健康であることはありがたいことだ。

 

 

若干浮上

前回は落ちまくっていた。

読み返して引っ張られそうな暗さ。

最悪の精神状態からは少しだけ浮上した。

まだまだ自己嫌悪、自己否定は続いているけれど。

早く自分を認めたい。

 

変われるのだろうか

もう自分に自信がなさすぎて死にたくなって消えたくなって絶望してよりネットに逃げて時間だけが経過して何も得るものなく生産性なく1日を過ごす。

 

このままなら今すぐ死にたいと思う。

 

人と関わると、劣等感が増すばかりだから関わりたくない。

 

死にたい死にたい死にたい

 

死ねよ。

 

 

ここから再起

落ちまくって絶望の果てにいました。

 

ほんとうにやばかった^o^

 

社会に戻れなくなりかけました!危なかったです(・・;)

 

まだ書けないですがそのうちこのことを笑って消化できるようになったら書きます!

 

落ちに落ちたことで、とにかく自分の自己評価の低さと、承認欲求の高さがよくわかりました。

 

自分の評価を高めるのは自分です。

低い自己評価を誰かに高めてもらおうとしても、すぐに崩れます。場所を変えればたくさんの人に評価されるし認めて貰えます。でも、そうして得た高い評価は実は自分の価値を下げてます。自分自身は何も努力していないからです。

わたしはたとえ傷ついても自分の価値をほんとうに高められる場所に戻りたいと思います。認められませんがそれも覚悟です。

 

やっとの思いですが、そういう選択ができた自分で良かったです。もう一つの選択をしていたら、自分嫌いがまた増長していました。

 

出直します。

 

 

落ちた

前回だめな自分もありという記事を書いたくせに、 すごくすごく落ちてしまった。

8割がた頑張った1日を、台無しにしてしまった。

8割がた頑張っても、残り2割でぶち壊すことができてしまった。

欲望に負けたことが辛かった。自分の弱さに負けたことが辛かった。

人の目線はきにするな、完璧主義をやめろ、だめな自分も自分、と頭ではわかっているつもりなのだが、心がそれについていけない。

こんなにもだめな自分はいても仕方ない、迷惑だ、嫌われてる、価値がない、と後ろ向きになってしまう。

強みがなく、必死でついていこうとしているだけだからこうなるのかな。